クラウド会計とは

旧来の会計ソフトは、PCに会計ソフトをインストールして利用する形式でした。

クラウド会計は、Web上の会計ソフトにアクセスし、経理処理で行う仕組みです。(ネットバンキングのように、HP上でパスワードを入力しログインします)

もちろんインストール型のお客様にも、対応させていただいておりますが、当事務所では、クラウド会計の活用をご提案いたしております。

 

クラウド会計のメリット

  • データ喪失リスク低減

クラウド会計では、データをネットワーク上に保存するため、PCの故障等で、大切なデータが失われるリスクを低減することが出来ます。

  • 記帳を効率化

クラウド会計では、銀行明細・カード明細データを取り込むことで、記帳業務を効率化できます。

  • 初心者向け

経理処理に慣れていない人でも処理できるような設計がされています。

  • いろいろな機能が付随しているケースも

クラウド会計では、請求書の発行機能(同時に売上自動計上)や、売掛金の回収管理、買掛金の支払管理など、通常のインストール型ソフトでは別売りが多いの機能が、最初からついているも会社もあります。

  • 複数拠点でのデータ共有

インストール型の会計システムの場合、一台のPC端末でしかデータを見ることができません。複数のPCで共有しようとすると、サーバー購入など投資が必要になります。

一方クラウド会計では、Web上でデータが共有できるので、サーバー購入が必要ありません。複数担当者・複数拠点がある場合や、会計事務所とのデータ共有も簡単に行えます。

クラウド会計のデメリット

  • クラウド会計は処理に若干のタイムラグが

クラウド会計はオンラインで作業するため読み込みの時間が若干発生します、インストール型の方が早いことも。

  • 既存のソフトに慣れていると、逆に使いずらいかも

経理処理に慣れており、仕訳をスピーディーに入力したい方には、クラウド会計の初心者向け設計が逆に不便なことも。

  • インターネット回線が必須

オンラインで処理するため、作業場所はネット環境が必須になります。

経理業務を効率化

クラウド会計には若干のデメリットもありますが、業務を効率化してくれるツールになると思います。

お客様にとっては、記帳を効率化し、ビジネスに集中できる時間を増やしてくれますので、導入をご検討されてはいかがでしょうか。